Blog&column
ブログ・コラム

歯周病の再生治療について

query_builder 2021/11/01
コラム
dentist-dentistry-orthodontics
歯周病は、症状が進行していくと歯槽骨や歯肉などの組織が破壊され、破壊した組織は元に戻りません。
通常の歯周病治療では、歯周病の進行を抑えて歯肉の状態を改善する目的で行われるので、破壊した組織を元に戻すことはできません。
しかし、再生治療によって通常の治療では改善しなかった歯周組織を再生させることができるようになったのです。
再生治療の方法にはいくつかありますが、今回はエムドゲインによる歯周病の再生治療について解説していきます。

▼エムドゲインとは
エムドゲインはブタの歯杯組織から抽出したたんぱく質で、歯の再生時と同じ環境を作って歯周組織を再生させることができる治療薬です。
歯周組織が再生されることで歯周ポケットが改善され、歯槽骨が再生します。
ただし、歯の周囲の骨が全て吸収されている場合はエムドゲインの適応とならないので注意しましょう。

▼治療の流れ
まずは歯周ポケットの深さを調べ、深さが6㎜以上で垂直欠損の場合にエムドゲインが適応となります。
そして局所麻酔をして歯肉の切開、歯根の露出を行います。
治療する箇所の汚れを取り除いてからエムドゲインを塗布し、歯肉を縫合して元に戻します。
約2週間後に抜糸して治療は終了です。治療後に硬いものを噛んだり喫煙すると治癒が遅れるので、できるだけ安静にしましょう。

▼まとめ
歯周病の再生治療によって破壊した歯周組織を再生することができます。
今回はエムドゲインによる再生治療をご紹介しましたが、他にも様々な治療法があります。
歯周病が進行してしまって悩んでいる方は、ぜひ当院にご相談ください。

NEW

  • 11/30は、午後3時30分までです。八幡西区の宮本歯科医院

    query_builder 2020/11/29
  • 八幡西区で歯医者をお探しの方は宮本歯科医院まで。食事制限のいらないホワイトニングを行います。

    query_builder 2020/11/26
  • 乳歯と永久歯の違いについて

    query_builder 2022/01/03
  • 乳歯の歯並びを悪化させない方法について

    query_builder 2021/12/01
  • 乳歯の生え変わりの時期や順番について

    query_builder 2021/11/15

CATEGORY

ARCHIVE