Blog&column
ブログ・コラム

歯医者が作るマウスピースの種類や値段は?

query_builder 2021/03/22
コラム
dental-rail-tooth-dentist-dentistry
マウスピースは歯ぎしりや食いしばり、歯列矯正など様々な目的で使用されます。
様々な目的で使用されるので、種類も豊富です。どれを選んだらよいか分からないという方も多いでしょう。
今回は、マウスピースの種類や値段について紹介していきます。

▼マウスピースの種類について
マウスピースにはどんな種類があるのか、早速見ていきましょう。

■治療用のマウスピース
歯医者で作る歯ぎしりや食いしばりを治療するマウスピースです。
ナイトガードと呼ばれており、寝ている間の歯ぎしり食いしばりから歯を守るために使用されるマウスピースです。
ナイトガードは柔らかいソフトタイプとレジンで固めて作ったハードタイプの2種類に分けられます。

■歯列矯正用のマウスピース
矯正に使われるマウスピースは、インビザラインやアソアライナーなど治療範囲によって使用するマウスピースが変わります。
矯正用でマウスピースを作りたい時は、歯医者に自分の要望をしっかり伝え、
それぞれのメリットやデメリットを理解したうえで、選ぶと良いでしょう。

■スポーツ用のマウスピース
スポーツをした時の強い衝撃から歯を守るためのスポーツ用マウスピース。
歯医者によっては対応していない所もあるので、事前に確認する必要があります。

▼歯医者が作るマウスピースの値段の相場
歯医者でマウスピースを作った場合の費用をみていきましょう。

治療用マウスピース(ナイトガード):3000~5000円程度
歯列矯正用のマウスピース:15万~80万円程度
スポーツ用マウスピース:5000円~2万円程度

歯列矯正用とスポーツ用のマウスピースは保険適用外のため、高額になることを覚えておくといいですね。

▼まとめ
歯医者でマウスピースを作る際には、自分の目的に合ったものを選びましょう。
宮本歯科医院では今回紹介した種類のマウスピースに加え、小児矯正用のマウスピースも作ることができます。
歯に関するお悩みがある方は、是非一度ご相談ください。

NEW

  • 11/30は、午後3時30分までです。八幡西区の宮本歯科医院

    query_builder 2020/11/29
  • 八幡西区で歯医者をお探しの方は宮本歯科医院まで。食事制限のいらないホワイトニングを行います。

    query_builder 2020/11/26
  • 歯周病の口臭の特徴とは?

    query_builder 2021/09/15
  • 歯周病は唾液を介してうつる?

    query_builder 2021/09/01
  • 歯周病は歯茎に影響が出る?

    query_builder 2021/08/15

CATEGORY

ARCHIVE