Blog&column
ブログ・コラム

歯の治療の通院について

query_builder 2021/02/15
コラム
men-portraits-dentist-medical
「歯の治療で何度も通院するのが面倒、一度に治療できないの?」と思われたことありませんか?
それには歯の状態によって理由があるからです。
なぜ一度で治療できないのか何度も通院する必要があるのかご紹介します。

▼何度も通院する理由
虫歯の場合一度にできる治療は限られている
軽度の虫歯の場合歯を削ってプラスチックの素材を詰めるという1回の治療で終えることもできますが、
虫歯が進行していると、詰め物や土台などの被せ物が必要になります。
詰め物の歯型取ったり詰め物の調整やなど順に進めなければならないので、一度にできる処置は限られてしまうというわけです。
■被せ物や詰め物の作成時間が必要だから
銀歯などの被せ物を製作するために、外部の歯科技工所へ依頼している歯医者さんは多いです。
なので発注しての納品までの時間が必要になります。
■診療報酬明細書の上限があるため
保険診療は、一人の患者さんに多くの処置を施すのが難しいと言われています。
厚生労働省によって保険治療の1ヵ月の制限が設けられています。一人の患者さんに長く時間を取ることができないのです。
■患者さんの負担を考慮しているため
治療中は口を開けたままの状態が続きます。
一度に多くの歯を治療してしまうと、治療を終えるまでの期間食事もしづらくなるので患者さんの負担を考慮しています。
そして長い時間口を開けたままにしていると負担も大きくなるので、それも考慮して何回かに分けての治療を行います。

▼まとめ
歯の治療で何度も通院する理由をご紹介しました。
患者さんへの配慮から一人にかけられる時間も限られていたりさまざまな理由で何度か通院して治療を行います。
通院するのが大変、面倒という理由で治療を中断してしまうと悪化してしまうのでしっかりと歯医者で治療を行いましょう。

NEW

  • 11/30は、午後3時30分までです。八幡西区の宮本歯科医院

    query_builder 2020/11/29
  • 八幡西区で歯医者をお探しの方は宮本歯科医院まで。食事制限のいらないホワイトニングを行います。

    query_builder 2020/11/26
  • 歯医者に提示する保険証について

    query_builder 2021/04/22

CATEGORY

ARCHIVE